京都の暑い夏 2018

京都国際ダンスワークショップフェスティバル2018のテーマは、「Bodylogue」

今年のドキュメント・アクションの参加者数は過去最多でした!

自分と身体との対話を言葉に紡ごうとする人、受講者から生まれてくる言葉に耳を傾ける人、身体の躍動感や呼吸の音をまるごと写し取ろうとする人・・・・・。

メンバー1人1人の「Bodylogue」を通じた挑戦を感じとれる、読み応えのあるドキュメントが生み出されました。


京都国際ダンスワークショップ フェスティバル 2018 International Dance Workshop Festival in Kyoto

2018年4月20日(金)~5月6日(日)京都芸術センターhttp://www.kac.or.jp/events/22995/

レ ポ ー ト&インタビュー REPORTS&INTERVIEW

 

〈A-1:カティア・ムストネン〉ワークショップレポート

「静から動へ 内側から外側へ」 上野ゆかり

http://danceplusmag.com/?p=15869

 

〈A-3:アビゲイル・イェーガー〉ワークショップレポート

「抒景 アビゲイル・イェーガー」 森 出

http://danceplusmag.com/?p=15730

 

〈B-1:坂本公成+森裕子〉ワークショップレポート

「ふれあうことで相手を知る」 和田華月

http://danceplusmag.com/?p=15708

 

〈B-2:長内裕美〉ワークショップレポート

「ダンスを見る目に見えないダンス」 古後奈緒子

http://danceplusmag.com/?p=15893

 

「抒景 長内裕美」 森 出

http://danceplusmag.com/?p=15750

 

〈B-3:カティア・ムストネン〉ワークショップレポート

「抒景 カティア ムストネン」 森 出

http://danceplusmag.com/?p=15756

 

〈C-1:チョン・ヨンドゥ〉見学&インタビュー

「私の踊りはどこにあるのか」 菱川裕子

http://danceplusmag.com/?p=15766

 

「2018年のチョンさんクラスを覗いた」周 思敏(しゅう すみん)

http://danceplusmag.com/?p=15906

 

〈C-3:川口隆夫〉クラス見学&インタビュー

「不安定な場所で生まれ、死ぬ物語」 和田華月

http://danceplusmag.com/?p=15719

 

参加レポート

「存在することと存在しないこと」周 思敏(しゅう すみん)

http://danceplusmag.com/?p=15919

 

〈ビギナークラス:坂本公成・森裕子〉ワークショップレポート

「進化するように対話する—— はじめに、身体ありき。」 亀田恵子

http://danceplusmag.com/?p=15817

 

〈ビギナークラス:アビゲイル・イェーガー(1)〉ワークショップレポート

「“考えすぎると動けなくなる”につける薬」 亀田恵子

http://danceplusmag.com/?p=15840

 

〈ビギナークラス:カティア・ムストネン〉ワークショップレポート

「安心感と楽しさ……笑顔あふれるカティアさんのワーク」 亀田恵子

http://danceplusmag.com/?p=15829

 

〈こどもとおとな:秋津さやか〉ワークショップレポート

「鏡を通して新しい自分に出会う–今まで目にした事のない『学び』–」 相川敦子

http://danceplusmag.com/?p=15854

(敬称略)

Translate »