p/review

2011.9.23-10.16 「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2011」

2011年09月11日

白井剛『静物画』 photo:Yuya Saito
白井剛『静物画』 photo:Yuya Saito


秋の京都に国内外から注目を浴びる舞台芸術作品が堂々結集。第2回目を迎える「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2011」の開幕が迫った。京都市内の複数の会場にて、20を超える作品(フリンジ企画含む)がその後3週間にわたり怒涛の上演を繰り広げる。関西のみならず、日本の、アジアの舞台芸術フェスティバルとして、その地歩を固めんとする気合のこもったプログラムとなっている。

海外からの話題作招聘のみならず、気鋭の国内アーティストとの共同製作(KIKIKIKIKIKI、KUNIO)や、評価を得た作品をさらに磨きあげた再演作(演劇計画、地点)など、アーティストや地域とともに歩む地道な活動にも注目したい。7時間超の上演(KUNIO)、17回ロングラン公演(地点)などの上演形態も意欲的だ。

今回から始まるブラジルとの交流(フェスティバル「Panorama」との3年にわたる国際共同製作プロジェクト)が、京都に何をもたらすかにも興味が湧く。京都で育まれる多くの作品には、何かしら知性と品格が備わる(「京都クオリティ」と個人的に呼んでいる)。一方のブラジル作品は、溢れる獣性と破壊力が真髄だ(例として、私のブラジル作品体験)。ステレオタイプに過ぎるかもしれないが、そうした真逆の両者を繋げようという企みに「実験」と名付けられたこのフェスティバルの真価を見る。

9月23日、その幕が開く。各プログラムの詳細は公式サイトを確認されたい。


(文:松村政宏/@cannon26


KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2011 公式サイト


dance+月刊カレンダーの[google calendar]には、KYOTO EXPERIMENT 2011★本プログラム、☆フリンジ+関連企画の開始時間〜終演時間を反映させています。ご利用ください。

名  称:KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2011
開催期間:2011年9月23日(金・祝)ー10月16日(日)
会  場:京都芸術センター、ART COMPLEX 1928、
      京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学)、アトリエ劇研 他
内  容:公式プログラム 11演目、フリンジ 9演目、提携公演 2演目
      ※そのほか、ダンスワークショップや展覧会、レクチャーなどの 関連イベントを多数実施
主  催:京都国際舞台芸術祭実行委員会
      (京都市、京都芸術センター、公益財団法人京都市芸術文化協会、
      京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター)
共  催:アトリエ劇研、立誠・文化のまち運営委員会
提  携:ART COMPLEX 1928
協  力:Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
協  賛:株式会社資生堂
助  成:平成23年度文化庁国際芸術交流支援事業、
      財団法人アサヒビール芸術文化財団
認  定:公益社団法人企業メセナ協議会


Translate »