p/review

2009.04.10-05.10「京都の暑い夏2009」@京都芸術センターほか

2009年04月1日

090410_hotsummer 今年で14回目を迎えた「暑い夏」。1996年に少人数で始められ、今や国内最大級に成長したこのダンス・ワークショップは、ダンス・ファンにとどまらず一般受講者を巻き込み、刺激に満ちた相互交換の場を実現してきました。個人間の信頼関係が醸し出す親密さを保ちながら、時代と同期するもの未知のものを毎年取り入れ、創造性を社会に発信してゆく希有な集まりです。

 成長のコアを知る手がかりの一つが、事務局が年ごとに更新するテーマ。今年は「〈body-wisdom〉身体の知恵をつなげる」となります。アジア、ヨーロッパ、アメリカ各国から招聘された講師陣は、同時代の広がりとともに、舞踏やポスト・モダンダンスといった歴史の深みからテクノロジーという可能性までカバーする心身の知恵者ばかり。ダンサーの身体性、創造性を磨くクラス(メソッド/クリエイション/パートナリング)と並び、「こどもとおとな」、「メディアとダンス」、「ビギナークラス」がジャンルの敷居を突破します。3つのオーディション、シンポジウムやボディサロンなどの関連企画は、ダンサー/ノンダンサーが自分で世界を広げてゆける手がかりとなるでしょう。

 と、ここまで惚れ込んでいるdance+も、ヴィデオサロン、ドキュメント隊、ビギナークラス交流会のナビゲーションでお手伝い。今年は「言葉にすること/編集すること/交換すること」を水面下でリンクさせて、参加者のみなさんとそーっとフェスを盛り上げてゆきたいと思います。ドキュメント隊は数の制限なく募集中。クラスを受ける以上の何かを自分でやってみたい、体験を言葉で深めたいなど、下心をもってお気軽にお問い合わせください。講師や参加者にアクセスする口実としてもオススメです(笑)。(古後奈緒子)
 

京都の暑い夏2009 第14回京都国際ダンスワークショップフェスティバル
14th Kyoto International Dance Workshop Festival 10 April-10 May
http://www.hotsummerkyoto.com

 

期間中のdance+のアクティビティ

ドキュメント

講師・受講者への取材やインタビュー/ワークショップのレポート/写真・映像記録/編集を担当します。ボランティア募集中。お問い合わせお申し込みは、暑い夏事務局へFAXもしくはE-mailでお申込ください。折り返しdance+担当者からご連絡いたします。
昨年のドキュメント隊の成果 → http://www.log-osaka.jp/article/index.html?aid=315

☆ ヴィデオ・サロン 〜ホリデー編

休日のランチタイムに楽しむ選りすぐりの映像鑑賞会。今年は「見ることを編集する/見ることは編集すること」をテーマにお届けします。お昼ごはんを持ち込むもよし、畳に寝転んでみるもよし。4/26(日)16:00〜18:00は話題沸騰のContact Gonzoを監修に迎えたスペシャル企画です。新作映像を交えたインスタレーションの中で、contact Gonzoのよき理解者であり、臨床哲学/看護のスペシャリスト、西川勝さんをゲストに、contact Gonzo談義と接触談義を交差させます。是非脚をお運びください!(無料/申込不要)

《日時》4/26(日)4/29(水・祝)5/3(日)〜5/5(火・祝) 12:30〜13:30
《会場》京都芸術センター 大広間


ビギナークラス交流会
クラスの終了後の参加者と講師のおしゃべりタイム。dance+メンバーに加え、昨年も参加の亀田恵子さん(ATL主催)とタグを組み、ダンスとライフの交差点で、いろんな見方感じ方を交換できるようにと考えています。ビギナークラスを受講されていない方も、お気軽にのぞいてみてください。 

Translate »